【新入荷】鹿児島産備長炭焼き うなぎの蒲焼 取り扱い始めました

みんな大好き!「うなぎ」の取り扱いを始めました!



自然豊かな鹿児島・指宿の水を生かして育ったうなぎ


秀峰開聞岳南九州の温暖な気候とシラス土壌で、

永い時間をかけてろ過された自然の浄水の宝庫で育ったうなぎです。


備長炭でコクと香り豊かな鰻に仕上がりました。


東肥赤酒・九州醤油使用の『うなぎのたれ』と

ユメショク特製『食べ方のしおり』付き


贈り物にも人気のある喜ばれる、

鹿児島産うなぎを是非ご賞味ください。



●土用の丑の日とうなぎの関係●

今年の土用の丑の日は 2021年7月28日(水)!

夏の暑い時期、夏バテ防止のため、昔から「精の付くもの」を食べる習慣があり、奈良時代頃から精の付くものとして「うなぎ」が有名だったようです。

丑の日にうなぎを食べる習慣が一般化したきっかけは、夏場にうなぎの売


れ行きが悪いうなぎ屋が、物知り平賀源内に相談に行った際、「うのつくもの」を食べると病気にならないと言う迷信をヒントに「本日丑の日」と書いた張り紙を張ることを勧めた。

「かの有名な平賀源内の言うことなら、うなぎを食べよう」となり、そのうなぎ屋は、夏場でも大繁盛。

その事を知った他のうなぎ屋も真似るようになり、土用丑の日にうなぎが食べられるよう


になった。

という説がもっともよく知られています。





26回の閲覧0件のコメント